ラジコン飛行機の操縦操作

ラジコン飛行機の操縦はプロポの扱い方がとても、まだまだ新しいから
ちょっと触っただけでも、敏感に感じて、色んな方向へいってしまうことが、度々ありましたよ。かなり難しかったですけどね

ラジコン飛行機の操縦を練習できるPC用ソフトでやっていた時には、そんなにはプロポの操縦は難しくなかったのに、実際のプロポに触ってみて難しいと実感できました。

実際のラジコン飛行機のプロポの操作は飛行機に風の抵抗もあるから実際にやるのと練習用ソフトでやるのとでは、やっぱり違いますよねぇ


慣れるスピードはそれなりに早かったなーと思いました。

最初に、ラジコン飛行機の練習用ソフトを使用していたせいでしょうかね

プロポは4チャンネルのものを使用してました


これからラジコンの飛行機をやろうと思っている人には、特にプロポの4チャンネルがいいと思います。

4チャンネルは機体のモーターとか無線で制御できるところが4カ所あるという意味です。

ラジコン飛行機は結構、複雑でわかりにくいですけど、自然とからだが動くようになってくるので、そうしたら、たとえば車を運転するのと変わらないような感覚で操縦できると思いますよ。

そうなれば、ラジコン飛行機の操縦なんてちょちょいのちょい!!って感じ。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/45946585
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。